第9回愛知県防具付空手道選手権大会入賞

2月17日

名古屋市守山スポーツセンターで、

愛知県防具付空手道選手権大会が行われ、

当館より25名が参加しました。

最近、組手の基礎的な動きの練習に力を入れていますが、

その成果か、今回は多くの門下生が入賞しました。

入賞した人もできなかった人も差は僅かですので、

次に向けて頑張ってください。
IMG_0354

IMG_0350

IMG_0351

IMG_0347
当館からの入賞者は次のとおり

組手試合

小学生1.2年生女子   優勝       安藤   華

小学生1.2年生男子   優勝       西尾   駿輝

小学生3.4年生女子   優勝       渡辺  莉子

小学生3.4年生男子   優勝       西尾  和槻

小学生3.4年生男子   準優勝    岩田  幸太朗

小学生5.6年生女子   優勝       林      あかり

小学生5.6年生男子   準優勝    船橋  愛登

団体                          優勝       水野  司

                                                渡辺  一喜

                                                鹿嶋  柚太

1か月無料体験はこちら迄
  090-1567-2551
(平日は、夕方6時以降で
 お願いします)

One thought on “第9回愛知県防具付空手道選手権大会入賞

  1. 匿名 より:

    名古屋正武館の特徴として、まず挙げられるのが
    稽古中も門下生同士が互いにアドバイスをしあったり、西野師範や水野指導員からだけではなく、仲間同士が互いを思いやれる関係性の良さ。
    大会でも、他の道場の門下生同士達に比べ
    名古屋正武館の門下生達は、常に仲間に対し
    どこの道場の門下生よりも、仲間に対し
    大きな声で声援を送り、仲間が勝った時には
    我が事のように共に喜び、負けてしまった時も
    我が事のように、悔しさを共有し、支え合う
    という真っ直ぐで優しい思いに溢れている
    選手ばかりだと思う。
    そして、名古屋正武館のもう一つの徳地は
    組手の部の強さである。
    それも、前述した通り門下生同士が
    アドバイスを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =