昇級昇段審査

26日土曜日、大阪本部より会長、宗家を始め4人の先生方が来られ、昇段昇段審査が行われました。







結果は再試験になった門下生も多く、厳しいものでした。その理由として、二つのことが挙げられます。一つは気迫と気合の不足です。決して気負うのではなく、気持ちをしっかり入れることが大事です。二つ目は体のクセをなくす努力をすることです。誰にでも体のクセがあります。意識してクセを直そうと努力するかどうかで、実力に差がでます。合格した人も再試験の人も、さらに努力を続けと欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =