第53回全国防具付空手道選手権大会

今日、23日東京武道館で全国防具付空手道選手権大会が行われました。当館としては初めて、愛知県代表となった6人が出場しました。さすが、壁は厚かったですが、小学4年生男子組手で渡辺一喜君が準優勝しました。大阪本部より平川師範が駆けつけていただきました。大変良い経験ができたと思います。空手を志す多くの人と切磋琢磨できるチャンスがあることはとても素晴らしいと思います。これからも目標を高くもって、頑張っていきましょう。image
image
image


image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =